医療廃棄物処理と医療機器処分の専門業者ノーマネット 東京/埼玉/神奈川/千葉/茨城/栃木/群馬/山梨

医療廃棄物

医療廃棄物 医療廃棄物(いりょうはいきぶつ)とは、医療行為に関係して排出される廃棄物(ゴミ)のことを指す。廃棄物処理法上の区分では「感染性廃棄物」と言い、「特別管理廃棄物」に区分されます。
感染症の汚染源となる可能性があるため、適切に処分する必要があります。また感染症患者の療養の際に出る生活廃棄物(在宅中の各種廃棄物)の中にも、病原体によって汚染されている物が含まれるため、これらも医療廃棄物として適切に処分される事が望ましいのです。

医療機関等から排出される産業廃棄物のうち、感染性病原体が含む、または付着しているおそれのあるもの。

  • 汚泥(凝固した血液など)
  • 廃油(アルコールなど)
  • 廃酸(レントゲン定着液など)
  • 廃アルカリ(凝固していない血液など)
  • 廃プラ(合成樹脂の器具など)
  • ゴム(ディスポ手袋など)
  • 金属(注射針など)
  • ガラス(アンプルなど)

医療廃棄物について

判断基準医療廃棄物は、事故防止のためその形状によりキチンと分別して排出する必要性があり、感染性廃棄物として処分するのか、非感染性廃棄物として処分するのか正確に判断しなくてはなりません。しかし、医療廃棄物には医療現場によって様々なケースがあるため、その判断基準は複雑になる事もあります。その場合は医療廃棄物マニュアル等のガイドラインを参考にすると、比較的、判断しやすいようです。

在宅医療廃棄物について

在宅医療廃棄物自宅で使用して排出される在宅医療廃棄物は、医療機関から発生する感染性廃棄物と内容がほぼ同一であるにもかかわらず、家庭から排出するということで、市町村が処理・処分を行う一般廃棄物に区分されています。

しかしながら大部分の自治体では受け入れを行っておらず、受け入れている自治体でも消毒を義務づけているなど、自治体によって取り扱いが異なり、排出者の混乱を招いているようです。

また、受け入れを行っていない自治体では、どのように処理・処分がなされているか、大部分の場合把握できていないことも問題を助長しています。