医療廃棄物処理と医療機器処分の専門業者ノーマネット 東京/埼玉/神奈川/千葉/茨城/栃木/群馬/山梨

医療廃棄物の分別

医療廃棄物(感染性廃棄物)は他の廃棄物と分別して排出するものとされております。したがって、廃棄物の取扱者に廃棄物の種類が判別できるようにするため、性状に応じてマークの色を分けることが望ましいとされております。

  • 黄色は鋭利な物(注射針やシリンジ、メス等)
  • 橙色は固形状な物(チューブやガーゼ、紙おむつ等)
  • 赤色は液状、泥状な物(血液や臓器等)

医療廃棄物(感染性廃棄物)の収集運搬を行う場合は、必ず容器に収納して収集運搬することになっているため、収集運搬に先立ち、あらかじめ、次のような容器に入れて、密閉しなければならなりません。

  • 密閉できること。
  • 収納しやすいこと。
  • 損傷しにくいこと。

また、その形状に適した専用容器を選定し使用します。

  • プラスチック容器(鋭利な物や液状、泥状の物)
  • ダンボール(固形状の物)
  •               

医療廃棄物形状一覧

形状
鋭利な物
固形状の物
液状、泥状の物
カラー
バイオハザードマーク黄色
黄色
バイオハザードマーク橙色
橙色
バイオハザードマーク赤色
赤色
種類 ・注射針
・縫合針
・穿刺針
・シリンジ
・メス
・カミソリ
・バイアル、アンプル
・チューブ類
・輸液ライン
・透析回路
・ガーゼ
・脱脂綿
・手袋
・紙おむつ
・血液
・血清
・臓器
容器種類
プラスチック容器
ダンボール
プラスチック容器
容器サイズ
20リットル、50リットル
50リットル、80リットル
20リットル